タイ運転免許取得

タイの自動二輪免許、自動車免許取得

We support to obtain Thai license for Japanese people.

自動車&二輪免許取得支援※日本人の免許取得をフルサポート!

過酷な陸運局

 外国人(主に中国人や日本人)が直接陸運局で試験を受けると10名のうち8名は落ちるそうです。その理由は「技能試験場は車庫入れと縦列駐車箇所にセンサー(ミスを判定する機械)が設置されているので、少しのミスも許されないからです。

そして「試験問題の翻訳がミスだらけ」なので、外国人は運が良くない限り、受からないと思ってください。よって100名受験して合格者は3名未満(2016年/チェンマイ陸運局より)となります。

自動車学校が最適

 陸運局では問題(難解な試験問題や数ヶ月の予約待ち等)がございますが、自動車学校ではストレスなく免許取得に取り組むことができます。

また、弊社提携の自動車学校では日本人の受け入れ体制(翻訳ミスによる問題回避)も整っております。

※当サービスには免許取得費用一式、面倒な書類作成、健康診断書取得、電話サポート、送迎が含まれております。

実績がある自動車学校

※弊社提携の自動車学校は、タイ全土(バンコク・チェンマイ・アユタヤなど)にございます。警察直結の自動車学校なので、設備・指導内容共にタイ最高クラスです。尚、タイ語が判らなくても電話通訳でサポートするので心配無用です。

タイ陸運局

 タイの学科試験は運任せ

※日本人がタイで免許(自動車&バイク)を取得する上で必要なものは、知識ではなく「運」です。

実は学科試験で英語/中国語/日本語が選択できるのですが、その中でも日本語訳がメチャクチャ(左折と右折が逆/標識の表示間違いなどで意味がわからない)なので、自ずと運任せとなります。

ですから、みなさん数回落ちる覚悟で挑みますが・・・やはり平均2~3回は落ちます。尚、日本の友人は8回落ちた末、バイク免許取得を断念しました。身近なタイ人でも8回落ちたそうです。

 
 翻訳ミスは改定されない

※数年前、筆者も現地で自動車&オートバイ免許を取得しましたが、噂通り吹き出すレベルの問題ばかりでした。

この問題集の翻訳ミスによる不合格者(日本人)を出さないため、直接行政に交渉(弊社が無料で翻訳し直す提案)しましたが、上層部が出した答は「全国のデータを書き換える労力(ネットワーク同期されていない)/予算を組む手間」を理由に却下されました。

補足:私は事前に行政とのコネクションを持っていたので、優遇された待遇で受講→合格できました。

 
 現代の厳しい免許取得事情

※昔は試験管が横で答えを教えてくれたそうですが、既にその時代は去り、現代は陸運局での試験は元より、自動車学校でも「試験管が行政監視のネットワークカメラに監視され、受講者は行政と試験官の厳しい目で監視される時代」となりました。その背景には急速な高度成長による事故率増加(日本の20倍)があります。

補足:以前のような軽いノリで答を教える学校は行政から重い処分(閉校)が科せられます。

 
 理不尽な陸運局

※外国人が直接陸運局に学科受講と試験(大型を除く実技は自動車学校のみ)を受けに行くこともできます。しかし、常に予約(バンコクは2ヶ月以上、チェンマイでも1ヶ月以上)待ちとなります。

また、受講はタイ語(外国人の場合はヘッドホンによる英語のみ/日本語無し)。よって折角受講しても必要な道路交通法(標識の意味や規則など)を学ぶことができません。

仮に合格できたとしても、今度は免許発行時に「あれが足りない!これが足りない!」と書類の不備を指摘され、大半が窓口で追い返されます。

補足:あまりにも免許の不正発行が多いので、その辺りを抑止するため書類チェックを徹底している模様です。

技能:1日2時間、最高4時間(1日2回まで)の技能を受けることができます。学科に関しては1日となります。

学科:現在の法律では4時間受講しなけてばならない。

 
 陸運局のメリット

※費用は免許発行代のみ

 
 陸運局のデメリット

※予約で1ヶ月以上待つ。動車学校より学科時間が長い。翻訳ミスによる試験対策を施すことができない。

 
 他社にはないサービス

※日本人は暴走運転(飲酒運転)する人種ではございません。ですからタイ人と同様に扱われる(翻訳ミスによる差別)事無く免許を取得できるよう試行錯誤してサービスを提供しております。

タイ政府は2017年中旬に陸運局での学科実習を終了し、今後は全てを民間企業(自動車学校)で行うよう法律が改定しました。

 

免許取得の流れ

合同講習

1:集団講習

 タイ語の講習なのでわからない方は聞き流してください。尚、こちらは国で定めた教習なので、必ず参加してください。

PCで学科試験

2:学科試験

 学科試験前に日本語表記のテストマシーンで自主学習できます。こちらで学科試験通過の秘訣を伝授します。

校内で実技試験

3:実技試験

 場内を少し運転していただきます。隣に指導員が乗るので、ジェスチャーに従ってノロノロ運転してください。

事務所で書類作成

4:書類作成

 学科と実技をパスすれば、免許申請書類を事務所が作成します。その間に近場の病院で健康診断を受けていただきます。

陸運局で免許申請

5:陸運局へ

 陸運局では免許用の写真を撮影し、パスポートと持参書類を提出します。

交付完了

6:免許取得

 混み具合にもよりますが、免許作成に1時間ほどかかります。

全てお任せの免許取得

日本人専用の免許プラン

 日本語による電話サポート、健康診断取得、送迎(病院&陸運局)が含まれた日本人専用プラン。

項 目 電話通訳 健康診断 送迎 総  額
自動車免許 25000THB
自動二輪免許 20000THB